TOP 入札・出品 カタログ トピックス 落札結果 お知らせ
入札規程  ■入札用紙  ■出品規程・出品用紙  ■処分コンサルティング  ■一括一任ガイドライン
TOP HOMEへ戻る

JPSオークション 入札規定


[1]メール入札
1. JPSオークションでは、フロアオークション(公開入札、以下「フロア」と略すことがあります)を行う前にメール入札を受け付けます。
2. メール入札をするときは、所定の入札用紙を使い、郵便・信書便またはファクスで事務局にお送りください。事務局に直接に届けられた場合もメール入札として扱います。
3. メール入札は、カタログで告知する日時に到着したものをもって締め切ります。
4. 入札額は、別表1のキザミの金額(以下「規定入札額」)に合わせてください。それ以外の金額が記載されている場合は、そのすぐ下の規定入札額の入札として受け付けます。
5. 入札額が最低値を下回るときは、その入札は無効となります。
6. 入札用紙の記載内容が不明確なときは、事務局が入札者に内容を問い合わせることがあります。
ただし、入札者に確認をしなかった場合でも事務局の判断で読み取り、入札者が確定できないときは入札の全部を無効とし、入札内容について確認できないときはその部分について無効とします。
7. メール入札受け付け開始からフロアオークション開始までの間、フロア開始値の一覧表またはメール入札部門の結果一覧表をメール入札締め切り後に公開します。
8. メール入札の変更・取消は一切出来ませんので、ご入札の際はよくご確認ください。ただし、カタログ記載内容の補足訂正をカタログ発送後に係が告知する場合には、その限りではありません。
[2]出品物の下見とコピーサービス
1. 出品物のプレビュー(下見)は、原則として、カタログで告知した日時に限定します。但し、やむをえない事情で下見会以外の日時を希望される際は、事務局に前もってご相談ください。
2. 出品物のコピーは、係あてにお申し込みください。 コピー代金は、モノクロ・カラーを問わず1枚まで250円、それを超える分はカラーコピーが1枚あたり250円、モノクロ(黒1色)コピーが1枚あたり50円です。この金額には、消費税と返送費用を含みます。切手代用でもお受けします。コレクションや文献など大型出品物のコピーには応じられないことがあります。
[3]フロア開始値と落札価・落札者の決め方
1. フロア開始値(フロアで競売を始めるときの金額)は次の方法で決めます。
(1) メール入札がなかった出品物:最低値
(2) メール入札数が1件だった出品物:最低値
(3) メール入札数が2件以上だった出品物
a.メール入札1番値が2件以上あるとき:その1番値
b.メール入札1番値が1件のとき:メール入札2番値の1キザミ上の規定入札額
※キザミ幅については【別表】を参照下さい。
2. フロアで進行担当者は、出品物ごとにフロア開始値をまず提示し、フロア入札があるときは規定入札額のキザミに沿って提示額を上げていきます。フロア入札者は、購入する意思のある金額まで所定の番号札を挙げてください。落札価と落札者は、次の方法で決めます。
(1) メール入札があり、フロア入札がない出品物は、メール1番値の入札者にフロア開始値で落札されます。
(2) メール入札がある出品物で、フロア入札値がメール1番値を超えなかったときは、フロア入札がなくなった時点の金額でメール1番値の入札者に落札されます(フロア入札値がメール1番値と同額で終わったときは、メール入札を優先)。
(3) フロア入札値がメール入札1番値を超えたとき、またはメール入札のない出品物にフロア入札があったときは、フロアでの最高値入札者にその金額で落札されます。
(4) メール入札の1番値が複数あるときは、入札の先着者を優先します。
[4]落札代金と落札手数料
1. 落札代金は、落札価に対して16%の落札手数料(内訳=手数料14.8%+消費税1.2%)を加えた金額とします。
2. 落札代金には、落札品の郵送料が加算されます。
3. 落札品の発送以前に落札通知を単独で送る場合は、その郵送料82円が落札代金に加算されます。
4. 落札品のないメール入札者には、個別の通知を送りません。ただし、メール入札時に切手82円分を添えることで、落札品がない場合でも通知を受けることができます。この請求者に落札品がある場合、この切手は返金されます。
[5]鑑定請求による支払い留保(エクステンション)
1. 落札者は、その出品物に疑いがある場合には、鑑定を請求することにより、鑑定結果が出るまで支払いを保留することができます。この扱い(エクステンションと呼びます)を希望するときは、次の方法で申し出てください。
(1) メール入札のとき:入札用紙上の、対象とする出品物の番号に「エクステンション」または「EX」と示し、その出品物の何についての鑑定が必要かを記してください
(2) フロア入札のとき:落札が確定したその時点で、口頭または文字で「エクステンション」と申し出てください。このときフロア進行担当者は、その出品物の何についての鑑定が必要かを確認します。
(3) 鑑定機関に対する鑑定依頼は係から行いますが、鑑定機関から請求される料金・手数料等の諸経費は、鑑定結果の如何にかかわらず落札者の負担とします。
(4) 鑑定機関は、日本とその関連分野の場合には、特にご指定のない限り(財)切手の博物館の鑑定サービスを利用します。
2. エクステンションにより鑑定対象品が「偽造」、「変造」とされた場合は、その出品物の落札は取り消しとなります。
3. エクステンションにより鑑定対象品が「真正」と鑑定された場合、落札者は所定の落札代金の支払い義務を負います。「意見なし」と判断された場合、落札者が望めば返品を受け付けます。ただし、鑑定対象品の真偽ではなく、分類に関し「意見なし」の場合は、原則として返品を受け付けません。
[6]メール入札の落札品受け渡しと代金支払い
1. メール落札品のある方には、オークションの終了後、落札結果を通知します。JPS正会員には、 原則として代金お支払い前に落札品をお送りします。
2. 代金は、前項の通知の受け取り後1週間以内に、(1)郵便振替・郵便為替・現金書留または銀行振込でご送金になるか、(2)事務局でお支払いください。お支払いが確認され次第、事務局は落札品を発送いたします。なお、ご送金の手数料は落札者の負担となります。
[7]フロア落札品の受け渡しと代金支払い
1. フロア入札に参加する方は、会場受付で記名し、落札品の受け取り方法を、@フロア終了直後、A事後の郵送、B事後の事務局受け取りの中からご指定ください。
2. 上記@の場合には、当時のセール終了後に代金お支払いと引き換えに落札品を受け取ることができます。AおよびBの場合は、メール落札の場合と同様に扱います。
[8]不落札品の即売
不落札となった出品物は、フロア終了後1週間まで、希望者に先着順に即売します。この場合の代金は、 出品物の最低値とし、手数料は8%を加算します。 郵送する必要があるときは、別に送料が加算されます。即売品の返品や、鑑定依頼による支払猶予は一切お受けいたしません。
[9]落札品などの発送方法
落札品・即売品の発送にあたって、事務局では、事故時に損害賠償のある扱いの郵便物として差し出します。 ただし購入者の事前の指定があるときは、これに従います。
[10]落札品の返品
1. 落札品についてのクレーム返品は、カタログの記述と現品が相違するときに限って受け付けます。
2. 次のいずれかに該当するときには、返品に応じません。
(1) カタログ本文に記述されていなくても写真版が載っていて、目打・センター・消印その他表面の状態が明らかな場合、その範囲内での理由のとき
(2) カタログの記述に「as is」「要下見」またはそれに類する特記事項のあるとき
(3) コレクション、ロット物としてカタログに掲載されているとき
(4) 落札者が事前に下見をしているとき(当該ロットを実際に下見したか否かを問わず)
(5) 当該ロットがメールによる落札でないとき
(6) 落札通知の到着日から数えて8日目までに代金が送金されなかったとき(現品前送のときを除く)
(7) 現品の発送日から数えて7日目までに苦情が発信されなかったとき
(8) 落札品に手が加えられているとき
[11]その他
1. このオークションに入札される場合には、本規定に入札者が同意したものとします。
2. 代金のお支払いが期日を過ぎた場合は、所定の金利が加算されます。
3. 支払い遅延やオークションの円滑な運営に支障を来たすと流通促進委員会が判断した入札者に対しては、 JPSとして以後の一切のお取引をお断りすることがあります。
2012年12月1日改定
2014年4月1日落札手数料改定
入札規定(印刷用)
A4  5ページ  109KB
公益財団法人日本郵趣協会