新刊本 - 人気ランキング本 - おすすめの本

出版物のご案内TOP > その他書籍 >
戦後75年・手紙が語る戦争の記憶「戦争と郵便」

7月25日新発売!


装  丁 B5変形判/並製
96ページ
監修・
執 筆
片山七三雄・
玉木淳一・
森下幹夫
通信文
読 解
近辻喜一
発行元 切手の博物館
発行日 2020年7月25日
定  価 1,600円+税

日清戦争、日露戦争、日独戦争、満洲事変、日中戦争、太平洋戦争

戦後75年・手紙が語る戦争の記憶

日清戦争から太平洋戦争まで、戦地の兵士と内地の家族を結び付けた唯一の絆、郵便。本書は戦争の時代から75年の機会に、時代ごとに交わされた戦時の郵便の通信文を通して、同時代の人々の実感をひもときます。戦地からの手紙には、初めて遭遇した異国の出征地の光景と従軍の苦労が、また内地からの手紙には、兵士たちの安否に対する強い思いが綴られます・・・。
そこには、戦争の時代を生きた一瞬一瞬のリアルな姿が浮かびあがります。

▲本文ページより



公益財団法人日本郵趣協会サイトへ Copyright (c) 2013 Japan Philatelic Society,Foundation All rights reserved.
掲載されている全ての内容・画像について許可なく複製・転載することを禁じます。