新刊本 - 人気ランキング本 - おすすめの本

出版物のご案内TOP > JAPEX書籍 >
JAPEX2018記念出版「日仏郵便史 〜日本にフランス郵便局があった時代〜」





装  丁 A4判・上製
172ページ
(カラー144ページ)
発行元 日本郵趣協会
発行日 2019年3月25日
定  価 13,000円+税

「初期の日仏郵便史」を題材とする珠玉の3作品をオールカラーで採録!

JAPEX2018企画出品「フランス切手展」に集結した、初期の日仏間郵便を題材とする郵便史作品。本書は、1つの主題をそれぞれの切り口で展開する珠玉の3作品をオールカラーで採録しました。ワンテーマを深く掘り下げた、画期的な郵便史コレクション集です。

ワンテーマで切り口が違う郵便史の3作品210リーフをご堪能ください。


小林 彰「日仏郵便史1860-1899開港から条約改正まで」より

若桑 正一「フランスと極東地区の郵便 1848-1880年」より

村岡 安廣「仏国郵船郵便1766-1879」より


ご予約締切:2019年3月1日(金)(当日消印有効)

*部数限定印刷のため、刊行後の入手は困難が予想されます。
お早めにお申込みください。

■ 定価:14,040円(13,000円+税)
□維持・正会員予約価:12,960円(12,000円+税)
□普通会員・一般予約価:13,500円(12,500円+税)

〈ご案内〉

 こちらの書籍は、日本郵趣協会でのお取扱いとなります。
 ご購入に関しましては、こちらのお問合せフォームをご利用ください。


公益財団法人日本郵趣協会サイトへ Copyright (c) 2012 Japan Philatelic Society,Foundation All rights reserved.
掲載されている全ての内容・画像について許可なく複製・転載することを禁じます。