新刊本 - 人気ランキング本 - おすすめの本

出版物のご案内TOP > シリーズ書籍 >
郵趣モノグラフ19 「デグロン君カバー」研究史


「デグロン君カバー」研究史

郵趣モノグラフNo.19
50年余にわたる国際的研究の集大成
「デグロン君カバー」だけに焦点を当てた初めての本

 1958年(昭和33年)、日本とフランス両国の切手を貼り、フランス横浜郵便局長・デグロンの宛名を和文の木印で押した謎のカバーが出現し、当時の収集家を驚かせた---。
 本書は、日仏郵便史研究の第一人者である筆者が、「デグロン君カバー」調査・研究の経過とその成果を年代順に記述した、世界で始めて同カバーのみに焦点を当てた専門的文献です。

 謎に包まれた出現から半世紀、内外の研究者により全貌がほぼ明らかになるまでの経緯は、郵趣史の1ページとして貴重な記録であるだけでなく、読み物としても楽しんでもらえる興味ある内容となっています。


<ご案内>
 こちらの書籍は、日本郵趣協会でのお取扱いとなります。
 在庫の確認、ご注文につきましては、お問合せフォームをご利用ください。


装  丁: B5判/並製
本文200ページ
(カラー8ページ)

著  者: 松本 純一
発  行: 日本郵趣協会
発行日: 2010年11月
定  価: 4,000円
(荷造送料400円)



公益財団法人日本郵趣協会サイトへ Copyright (c) 2012 Japan Philatelic Society,Foundation All rights reserved.
掲載されている全ての内容・画像について許可なく複製・転載することを禁じます。