HOME > イベント情報 JAPEX2017 > 展示 > 応募要項

 招待出品

JAPEX2017では、招待出品として「金井宏之コレクション フィンランド1858−1875」、「民間印刷時代のヴィクトリア切手1850−1859」の2つのコレクションを特別公開いたします。
国際切手展でナショナル・グランプリを獲得した、世界的にも貴重な両コレクションを会場で存分にご堪能ください。

■「金井宏之コレクション フィンランド1856-1875」
  一般財団法人切手文化博物館 蔵

 (「FINLANDIA'88」ナショナル・グランプリ受賞作品)

「フィンランド1856-1875」の作品は、ヨーロッパのクラシック収集の中でずば抜けて難易度が高く、コレクションを作るのが非常に困難な分野です。
1856年から1875年にかけて3回に渡って発行された10種を8フレームにまとめた、フィンランド切手コレクションの最高峰といっても過言ではありません。
フィンランド独立100周年を記念して、JAPEX2017において特別公開いたします。
1番切手5k無地のテートベッシュ未使用4枚ブロック。
現存する未使用最大マティプル

■「民間印刷時代のヴィクトリア切手1850-1859」 永井正保 氏
 (「MELBOURNE2017」ナショナル・グランプリ受賞作品)

(1) 英領VICTORIAで最初に発行されたHalf Length(ヴィクトリア女王半身像切手)1ペニーの1st. Printing。なかでも最初のオレンジヴァ―ミリオンの刷色は1st.Printingの総発行枚数9600枚のうち、僅か1380枚で、現存数は20枚程度。 (2) 同1ペニー刷色オレンジブラウンのペアとその使用例。カバーには当時州内料金は2ペンスであったため、ペアが使用されている。