HOME > イベント情報 JAPEX2019 > 展示 > 企画出品

 企画出品

「動植物国宝図案切手70年」
1950−51年(昭和25-26)発行の日本普通切手シリーズ「第1次動植物国宝図案切手」は、2020年に発行されてから70年を迎えます。これにちなみ、動植物国宝図案切手により構成されたトップコレクションを展示する「動植物国宝図案切手70年」を開催します。稀少なコレクションの数々を、ぜひ会場でお楽しみください。
(敬称略)
作品
番号
フレーム
番号
作品タイトル 出品者名
A01 A01-A05 JAPAN DEFINITIVES 1950−1951 赤塚 東司雄
A02 A06-A09 第1次動植物国宝図案切手 Animal, Plant & National Treasure Series, 1950-51 山路 晴名
A03 A10-A14 第1次動植物国宝 水谷 行秀
A04 A15-A19 第2次動植物国宝切手 1952−59 【競争出品】 矢嶋 秀明
A05 A20-A24 第2次動植物国宝図案切手(円位) 【競争出品】 濱谷 彰彦
A06 A25 1円前島密 銭位&円位郵便使用例 【競争出品】 市村 良二
A07 A26 50円:弥勒菩薩像 茶色(円位) 1枚貼 【競争出品】 石野 逸雄
A08 A27-A30 新動植物国宝 1971−75 【競争出品】 永吉 秀夫
A09 A31-A33 新動植物国宝図案切手・旧7円金魚切手・色検知改色新7円金魚切手の使用実態について 【競争出品】 栗山 章
「日本オーストリア友好150周年 日本ハンガリー外交関係開設150周年 ハプスブルク帝国切手展」
2019年は日本とオーストリア、ハンガリー両国との友好・交流がスタートしてから150周年を迎えます。これを記念して、両国とも深い関わりのあるハプスブルク帝国に関連したコレクションを展示する「ハプスブルク帝国切手展」を開催します。およそ600年にわたり繁栄を極めたハプスブルク帝国について、オーストリア最初の切手、郵便はがきなどのクラシックコレクションや、絵画、音楽などの芸術作品を紹介するコレクションによって展開します。
(敬称略)
作品
番号
フレーム
番号
作品タイトル 出品者名
H01 H01-H05 オーストリア 1850 斎藤 環
H02 H06-H10 ロンバルディ・ベネチア 1850 斎藤 環
H03 H11-H12 世界最初の郵便はがき 魚木 五夫
H04 H13-H17 ハンガリーインフレ 1920−1926 【競争出品】 伊藤 文久
H05 H18-H22 The Czechoslovak government-in-exile 1940-1945
(チェコスロヴァキア亡命政府 1940-1945)
忠津 章
H06 H23-H26 ハプスブルク美術館 市川 敏之
H07 H27-H36 ハプスブルク家と音楽 荒井 照夫
H08 H37 アウシュヴィッツ/オシフィェンチム ハプスブルク時代 内藤 陽介

両企画出品の見どころ (郵趣11月号より転載・PDFファイル)