HOME > イベント情報 スタンプショウ2020 > 展示 > 賞の結果

フリースタイル切手展2020 選考結果

■選考総評

今年のフリースタイル切手展に寄せられた皆さまの力作は23作品でした。作品数こそ昨年の約半数ではありますが、テーマ設定や作品としてのまとまりという点からは、レベルの高いものが多くみられました。フリースタイル切手展では、郵趣的な価値だけではなく、テーマとしての面白さ、郵趣品以外の幅広い魅力あるマテリアルの活用、そして何より作り手自身の楽しみ方がどのように表現されているかがポイントになります。リーフへの書き込みが少ない作品も見られましたが、タイトルリーフでその作品に込めた作者の想いや考え方が記述されていると、見る人にもより伝わりやすい作品になるかと思います。
来年も皆さまのアイデアあふれる作品をお待ちしております。
フリースタイル切手展2020
選考委員長 池澤 克就
選考委員  玉木  明
選考委員  井村 恵美
■特別賞一覧
作品番号 作品タイトル 氏 名

グランプリ(日本郵便株式会社賞)

F13 逓信大臣 後藤新平の生涯 関 好男

池澤選考委員賞

F16 ベートーヴェンに魅せられて 加賀谷 長之

玉木選考委員賞

F18 明治時代の鉱山局 永冨 功

井村選考委員賞

F02 今年は国勢調査100年、その行政と郵便の軌跡 井上 龍太郎

ビジュアル賞

F08 楽しいマキシマムカード かわいい編 沖下 倫子

特別賞

F05 平成から令和へ(大嘗祭を中心に) 柴田 公子
F15 歌舞伎と切手 今井 節子
F20 スズメ 立川 賢一
■出品作品一覧
作品番号 作品タイトル 氏 名
F01 2019年新料金普通切手で数字遊び! 内田 雄二
F02 今年は国勢調査100年、その行政と郵便の軌跡 井上 龍太郎
F03 巨人・ベートーヴェンを想う 横塚 茂生
F04 風景印でたどる鉄道唱歌 太平 義正
F05 平成から令和へ(大嘗祭を中心に) 柴田 公子
F06 ふるさと広島 藤原 和正
F07 日本万国博覧会記念切手帳 濱谷 彰彦
F08 楽しいマキシマムカード かわいい編 沖下 倫子
F09 切手の貼り絵 京野 明子
F10 切手の貼り絵 山口 麻理子
F11 切手の貼り絵 須田 英子
F12 日本の空港(沖縄県) 奥 将雄
F13 逓信大臣 後藤新平の生涯 関 好男
F14 日本人と雪月花 西野 昭夫
F15 歌舞伎と切手 今井 節子
F16 ベートーヴェンに魅せられて 加賀谷 長之
F17 北陸 旅の想いで 〜北陸新幹線開通記念など〜 竹内 麿微
F18 明治時代の鉱山局 永冨 功
F19 31文字に恋をして2019 秋本 恵子
F20 スズメ 立川 賢一
F21 洋形封筒で送られてくるもの 儀礼的郵便物に見る人間模様 比留間 健一
F22 2月29日土曜日に風景印の郵頼を行った結果の報告 山崎 太郎
F23 誕生日に発行された日本切手 嶋根 浩

第21回トピカル切手展 入賞&特別賞結果

■審査総評

本年もトピカル切手展へのご出品、誠にありがとうございます。
トピカル部門とテーマティク部門との違いが出品要項に明確化されてから4年が経ちます。今回の出品作品も全般的に形式が整ってレベルが上がってきていますが、作品のさらなる向上のために、いくつかのポイントをご説明します。
一番重要なことは、タイトルです。トピカルの場合、タイトルに沿った特定の図案あるいは発行目的にあったマテリアルだけを使用しなければいけません。テーマティクのように関連するマテリアルを使用してはいけません。今回出品された作品でも、タイトルに合わないマテリアルが使用されているものがありました。出品作品の中には、テーマティク部門に出品したほうがより良い作品になるものも見受けられました。タイトルリーフも改善され、多くの作品で展示プラン、目次と形式が整っています。作品の良し悪しは、ここで決まると言っても過言ではありません。発行国、地域、発行年といったカタログコレクションの分類ではなく、独自に考えた分類でまとめるとわかりやすい作品になります。
次に重要なことは展示プランに従って作品を展開することですが、残念なことに展示プランと一致していない例や、最も多いのは展示プランの各章の違いが明確に示されておらずに全体が個々のリーフの集合に見えてしまう作品もありました。自分のコレクションの一部を抜き出して競争展に出品するのではなく、展示プランに沿って新たに作ってください。作成に当たっての基本は、テーマティク部門、伝統郵趣部門と変わりません。そのマテリアルで表現したいことを適切に記載してください。「見ればわかる」は通用しません。原則として発行国名、発行年を書く必要ありません。実逓便については、郵便料金、ルートなど説明を記載してください。切手以外のマテリアルとして、初日カバーやマキシマムカードを利用するのではなく、実逓便の利用を心掛けてください。
来年以降も、多くの皆さまからのご出品をお待ちしています。
第21回トピカル切手展
審査員長 長島  裕信
審査員  百合野 正博
審査員  虎頭  雄彦

グランプリ

作品番号 作品タイトル 氏 名
金賞 T8 種子植物 石田  徹
作品番号 作品タイトル 氏 名
金銀賞・特別賞 T5 淡水魚 立川 賢一
金銀賞・特別賞 T23 つばめ 浜名 賢一
銀賞・特別賞 T1 日本の城 北林 利仁
銀賞・特別賞 T12 仮面 斎藤 良昭
銀賞 T2 古の斑鳩の郷 中尾トミ子
銀賞 T15 世界で活躍するメイド・イン・ジャパン船
〜近代の日本造船所で建造された船舶〜
佐々木 耕
銀賞 T16 スポーツとしてのカヌー競技 横谷 一宏
銀賞 T21 ヒマラヤ 中尾 謹三
銀賞 T24 ウミウシ 立川 賢一
銀銅賞 T3 日本の温泉郷 柴 由紀夫
銀銅賞 T6 世界のサル 藤波 誠治
銀銅賞 T7 東アジアの鳥 高塚 純一
銀銅賞 T9 ラン科 Dendrobium(デンドロビウム属) 今井 正一
銀銅賞 T13 仏教のシンボルとデザイン 木村 光一
銀銅賞 T17 聖火 高木  均
銀銅賞 T18 ノーベル平和賞 佐藤 英幸
銀銅賞 T19 英領植民地におけるエリザベスU世の切手 磯田  清
銀銅賞 T20 ルネサンス 美術の巨匠たち 樋口  豊
銀銅賞 T25 日本の切手などに描かれたネズミ 加賀谷長之
銅賞 T4 〜にっぽんの伝統〜 行事・祭り・イベント 中尾 英雄
銅賞 T10 ガイアナのラン切手 宝田嘉久雄
銅賞 T11 世界を支える芋 大畑 紀子
銅賞 T14 鐵道150年、近づく日本の記念への期待 井上龍太郎
銅賞 T22 数学者 嶋根  浩