JPS菊・田沢切手研究会 入会のご案内集

 
JPS菊・田沢切手研究会は、菊切手部会と田沢切手分科会を統合して1996年4月に発足しました。

 菊・田沢と冠していますが、会報の記事は菊・田沢切手だけでなく小判・震災・富士鹿風景・芦ノ湖航空・昭和切手などの、主として戦前の切手全般を対象としています。
 以前はいくつもあった日本切手関係の部会がなくなってしまいましたので、戦前の日本切手を中心に収集されている方は、当研究会への入会を是非ご検討ください。

 また、毎月第3土曜日に月例会を開催していますので、会員外の方も気軽にご参加ください。月例会ではリーフ回覧や研究発表を行っており、とにかく実物に触れる機会が多いことが魅力です。

 なお、従来は会報を郵送していましたが、将来的にはPDF化した会報をメールで送るオプションを付け、会費も郵送会員とメール会員の二本立てとすることを検討しています。
 


 活動概要

  
・研究会報発行(菊・田沢切手研究会報)発行:4回/年
    
内容は菊・田沢切手を主体とした製造・使用面の研究記事、関係行事の案内等です。

  ・研究発表会(ミニペックス)開催 原則として毎年1回 
    次回の会期:2018年1月19日(金)〜21日(日) 
    場所:切手の博物館3階オープンスペース

  ・定例会開催
    毎月 第3土曜日 16時30分〜、
      切手の博物館3階会議室
      内容は菊・田沢切手を主体とした製造・使用面に
      関する情報の交換、アルバムリーフ回覧、
      各種催事の準備など

  ・スタンプショウ、JAPEX会場内
    ・切手の集い
     参加者間での情報交換、展示作品の解説、
     郵趣品の譲渡等 
 

 年会費
  ・郵送会員 1,500円

  ・運営負担金(会費)振込先

  ・郵便振替  口座名  JPS菊・田沢切手研究会
          口座番号 00180-3-324546


 研究会役員
 【連絡窓口】
    【窓口】
    ・代表・会計・会報担当 : 山口 充
      電話 043-256-8737
      E−Mail:philamitsuru@yahoo.co.jp