当館の紹介
切手の博物館の紹介
 切手の博物館は、日本および外国切手を約35万種、カバー(封筒)類を約15,000枚、図書約12,000冊、雑誌・オークション誌を約2,000タイトル有する、国内でも珍しい郵便切手の博物館です。
 1988年、世界的に著名な切手収集家水原明窓(みずはら めいそう)が私財を投じ、運営母体となる財団を設立しました。日本および世界各国の郵便切手、その関係資料を保管し、研究調査するとともに、広く一般に公開し、郵便文化の振興と発展に寄与することを目的としています。
 水原は、日本、外国の切手カタログの編集、発行、国内初の全国切手展の開催(1966年)やジュニアの育成など、生涯、郵便文化の普及と発展に尽力しました。収集活動としては、国際切手展での多数の受賞歴や、中国切手コレクションをまとめた『華郵集錦』など多くの著作があります。1993年の『朝鮮近代郵便史』が絶筆となりました。
 切手の博物館は、1989年12月に東京・新宿に仮オープンをしたのち、水原の死後3年経った1996年4月8日、豊島区目白に開館しました。
 開館1周年記念では、切手をモチーフにして作品をつくる現代美術のアーティスト太田三郎氏による展覧会を開催。その後も、切手の持つ魅力や面白さを伝えるため、さまざまな企画展、特別展、体験企画「切手はり絵」、豊島区内の児童館や近隣施設にて行なうワークショップ「出張切手はり絵」など多岐にわたる活動をしています。
展示について
 1階展示室では、3ヵ月ごとにテーマを決めて企画展を開催しています。
 2階図書室は、郵趣関連の書籍を約12,000冊、雑誌約2,000タイトルを所蔵しています。また、世界最初の切手、ペニーブラック(イギリス、1840年発行)や、日本最初の切手、竜文切手(1871年発行)を展示しています。
 3階の<スペース1,2>では、夏休み、クリスマスなどに特別展を開催しているほか、さまざまなイベントが行なわれています
 







切手の博物館
〒171-0031 東京都豊島区目白1-4-23
PHONE: 03-5951-3331 FAX: 03-5951-3332