企画展示のご案内

 2016年10月1日(土)~12月28日(水) 死者の日(メキシコ 2012年)

 切手の中に描かれた「骨」を、コツコツ探しました
恐竜や人体をはじめ、多様な骨を描いた切手の特集です。
人々に太古のロマンを運ぶ化石などの骨。人々に注意を喚起するドクロマーク。文学作品や伝統舞踊に用いられ、文化遺産として多くの人の心を捉える骸骨。骨が洒脱に描かれた切手もあります。
また、印象的かつ魅力的にデザインされたドクロなどの骨の切手は、お国柄を反映しているといっても過言ではありません。これらの切手が持つ文化的側面を、ご紹介いたします。


※左の<ヒトラーの仮面を持つ骸骨>は、1946年にオーストリアが「決して忘れはしない、反ファシズム」展を開催した際に、準備されたものです。しかし、図案が過激すぎるとのことで、不発行になりました。
手のX線透視像
(ドイツ 
1995年)
ティラノサウルス
(イギリス 1991年)
人体の骨格
(エジプト 
1997年) 
タマゴテングタケ
(エストニア
2013年)
 展示切手・・・約100ヵ国(地域を含む)、800点余り
 
プレゼント企画
期間中、入館時に受付で「スカルグッズ」をご提示くださった方に、オリジナルはがき(1名1枚)をプレゼント 
 
限定の小型印(イラスト入り消印)◆ ※終了しました
  本展にちなみ、豊島郵便局臨時出張所が開設され、1日限定で、
左の切手を愛する骸骨が描かれた小型印が使用されます。 

日時: 10月8日(土)
午前10時30分~午後5時
※午後1時~2時は昼休み
10/8は日本整形外科学会が定めた「骨と関節の日」です
場所: 切手の博物館 エントランス
小型印は52円以上の切手を貼ったものに押すことができます
郵頼は豊島郵便局〒170-8799東京都豊島区東池袋3-18-1 宛です
開催概要
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
展覧会名 「骨(ボーン)・骨(ボーン)・骨(ボーン)」展
会 期 2016年10月1日(土)~12月28日(水)
休館日 月曜日(祝日の場合も)
開館時間 午前10時30分~午後5時
会 場 切手の博物館1階 企画展示室
観覧料 大人:200円、小中学生:100円、障害者無料
*毎月23日は「ふみの日」で無料
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
※取材、また雑誌など掲載用に図版をご希望の際は、下記アドレスまで、
取材の趣旨、企画書等を添付の上、ご連絡ください。

museum@yushu.or.jp  

切手の博物館
〒171-0031 東京都豊島区目白1-4-23
PHONE: 03-5951-3331 FAX: 03-5951-3332