フレーム切手コレクション スタマガネット
 静岡清水線開通100周年記念
静岡清水線開通100周年記念
 静岡鉄道静岡清水線は、1908年12月に鷹匠町(新静岡駅)と江尻新道(新清水駅)を結ぶ約11kmで開通しました。
 かつて静岡鉄道には、静岡市内線、清水市内線、駿遠線、秋葉線がありましたが、ほとんどが廃止され、静岡清水線は唯一残った鉄道です。現在は、12編成すべてが1000系で運行されています。
 このフレーム切手(Pスタンプ)は、開通当事に活躍していた電車から現在走っている電車までを一同に集め、大正時代から昭和30年、40年時代の貴重な車輛が登場します。

▲クリックで切手拡大
発 行: 2008年12月
フォルダ: あり
発売元: 静岡鉄道(株)


フォルダ表面



spacer
spacer
切手パビリオン サイト運営
Copyright (c) Japan Philatelic Society,Foundation All rights reserved.
掲載されている全ての内容・画像について許可なく複製・転載することを禁じます。