HOME > 切手の楽しみ方 >ヒンジ

ヒンジとは?

ヒンジは、切手をリーフ(切手貼込台紙)に貼り込む際に使用するものです。片面に薄く糊がついており、水で湿らすだけで切手やリーフに貼ることができます。完全に乾いてから、剥がすこともできます。
   
       ★ヒンジの大きさおわかりですか?   
 
★一袋にもっとたくさん入っています。  ★切手貼込帳にはあらかじめヒンジがついていて、使いやすいです。 
 
   ★ライトハウス社(写真左・やや強糊)、ギボンズ社(写真右・普通タイプ)1000枚入り。320円程度。(税抜)
 
※【手順4について】 この際、切手の裏面に水をつけないよう注意しましょう。
 
ヒンジは切手を整理するのにとても便利です。たくさん入っていても安価なので、気軽に買うことができます。切手整理の第一歩として、一押しアイテムです。

ただし、ヒンジを使うと切手の裏に跡が残ります。切手収集は表の図案を鑑賞するものですが、特に新しい時代の切手ではヒンジ跡を嫌う人も多く、評価も下がります。ヒンジは、使用済切手を中心に使う方が良いかもしれません。
 
▲ページトップへもどる
HOME 新切手ニューズ イベント情報 出版物のご案内 オークション 日本郵趣協会とは
お問合せはこちらから>> Copyright (c) Japan Philatelic Society,Foundation All rights reserved.
掲載されている全ての内容・画像について許可なく複製・転載することを禁じます。