HOME>私の切手アルバム         
 切手を整理・保存する方法には、ストックブックに入れておく一時的な保存とアルバムに貼り込んで収納していく手法があります。
 アルバムに整理するために、切手を図案別やテーマ別に分類して、自分の思う形で切手専用のリーフにまとめていきます。このようにして、自分なりの素敵な切手コレクションができ上がります。
 「私の切手アルバム」では、バラエティに富んだ切手コレクションの数々をホームページでお楽しみいただけます。
【作品について】
(1)ご紹介する作品は、PDFファイルでご覧いただけます。
   切手または作品名をクリックしますと、別ウィンドウにてPDFファイルが開きます。
(2)毎月、月初に新しい作品をご紹介していきます。
(3)作品の掲載期間は1年間で、古い作品から順に削除していきます。

紹介作品の著作権は、出品者にあります。これらの作品の一部や全部を複写して販売または配布することは、出品者に許可を得ない場合には、著作権法に抵触しますのでご注意ください。

AcrobatReaderの無料ダウンロードはこちらから


掲載月 作品名/出品者/作品解説
▼2019年
7月 世界の農作物   (12.8MB) /奥田 重俊

地球上の人類の生命を保証するのは植物資源です。その資源の代表はおもに穀類ですが、同時に、その土地に適応した果物、野菜、各種有用作物なども生産され、人間生活の多様なニーズに対応しています。世界各国の穀類や有用作物の多くは自国で消費されますが、流通機構の発達により国外に輸出されるものも多く、居ながらにして世界の食物を消費することが出来ます。自然の豊かな恵みがこれらの各国の切手に描かれています。

6月 フレーム切手のマイクロ文字   (11.2MB) /内田 雄二

本作品はJAPEX2018のクラス9ワンフレームへの出品作品で、銀銅賞+審査員賞詞を受賞しました。フレーム切手にマイクロ文字が入っていることは、あまり知られていないようです。現在までに判明したことを発表しています。作品についての解説は「郵趣研究」148号に掲載予定です。併せてご覧ください。

5月 フランス美術切手シリーズ   (18.9MB) /江村 清

今回作品は昨年開催されたJAPEX2018の記念品として、カルトール社が会場で制作した、フランス美術切手12種のオリジナルシートが配布されたことから、同一図案切手(16ページ)と初期発行切手(32ページ)を展示しました。作品は政府高官などに贈呈されたデラックス・シートとマキシマム・カードを同一ページに配置し、原画と切手の美しさを堪能していただければ幸いです。

4月 宇宙切手ベスト50!   (18.9MB) /加藤 和宏

「郵趣」2015年12月号(日本郵趣協会発行)の特集記事「宇宙切手ベスト50!」作成のため、会員アンケートにより410種に及ぶ推薦の中から選出された宇宙開発、天文、空想科学の切手を紹介します。世界中の注目を集めた宇宙飛行士の活躍や人工衛星、月・惑星探査など、時代を飾った切手をお楽しみく ださい。

3月 ポストマン=ポストマンと逓送方法の変遷=  (7.89MB)/山田 精一

郵便とは、信書などを国内外へ送達する通信制度をいう。郵便における逓送手段は、各種飛脚便か ら、騎乗・郵便馬車を経て列車・自動車・航空機などによる近代的な逓送システムへと進展する。郵便 物集配の役割を担う集配夫(ポストマン)と逓送方法の変遷について紹介します。

2月 エアメール  (7.89MB)/齊藤 勝男

飛行機による郵便輸送の始まりは1911年2月18日、インドのアラハバードで開催された万国郵便博覧会の行事として初の公式航空郵便とされています。その後飛行機の発達で各国で飛行機の郵便輸送が始まり、アメリカの正刷航空切手の発行により航空機の描かれた切手を添付された航空郵便が多く見られるようになった。

1月 レトロな薬の広告封筒  (11.6MB)/葛井 瑞夫

郵趣の素材として「広告」といえば、「エコーはがき」や「広告入り日付印」を思い浮かべます。明治時代の広告は街頭の看板や新聞、葉書が利用されていました。ここではかなり珍しい「封筒」を利用した薬の広告をご覧ください。

▼2018年
12月 切手の中の飛行機  (18.4MB)/太田 隆啓、山田 幸信

アメリカでは飛行機を描いた切手が沢山発行されています。その中から機種が特定される切手を紹介します。

11月 宇宙探査最新事情2018  (21.7MB)/石川 洋

本作品は宇宙探査の現状を地球上から、あるいは宇宙から、さらには探査目標に接近、または着地し ての調査と多角的に探査した結果を「宇宙探査最新事情」と題し、取りまとめたものです。

10月 古都を訪ねて -奈良・京都・鎌倉-  (20MB)/江村 清

「仏像切手」について調査をする機会を得た関係から、多くの仏像が安置されている奈良県、京都府の寺社を巡りました。そこで、第2次世界遺産切手発行から間もなく、 奈良と京都の世界遺産を主体に訪ね、風景印押印と寺社から御朱印をいただいたことを思い出し、その時の収集品と「仏像切手」を組み合わせ、旅程順に展示しました。

9月 折り紙の切手  (5.06MB)/鈴木 敏之

折り紙は、origami,paper foldingと呼ばれ世界中に愛好者がいます。誰もが知っている折り鶴には、病気回復の祈り、世界平和の象徴、日本の象徴、年賀・婚礼の祝いなど様々な意味が込められています。今回は切手を通じ、折り紙の魅力をお見せできればと思います。

8月  ミュシャ  (10.9MB)/中野 晶

アルフォンス・マリア・ミュシャは、アール・ヌーヴォーを代表するグラフィックデザイナー。多くのポスター、装飾パネル、カレンダー等を制作した。ミュシャの作品は星、宝石、花などの様々な概念を女性の姿を用いて表現するスタイルと、華麗な曲線を多用したデザインが特徴である。イラストレーションとデザインの代表作として「ジスモンダ」、「黄道12宮」、「4芸術」等が、絵画の代表作としてスメタナの組曲「わが祖国」を聴いたことで、構想を抱いたといわれ、完成までおよそ20年を要した連作「スラヴ叙事詩」がある。2017年、日本で公開された。

▲ページの先頭に戻る
お問合せはこちらから>> Copyright (c) Japan Philatelic Society,Foundation All rights reserved.
掲載されている全ての内容・画像について許可なく複製・転載することを禁じます。