新刊本 - 人気ランキング本 - おすすめの本

出版物のご案内TOP > シリーズ書籍 >
郵趣モノグラフ28「戦後ステーショナリーは使用済が面白い」



戦後ステーショナリーは使用済が面白い

装  丁 B5判/並製
カラー 144ページ
著  者 天野 安治
発行元 公益財団法人 日本郵趣協会
発行日 2019年9月10日
定  価 3,600円+税

郵趣モノグラフNo.28

戦後ステーショナリー全般にわたって書き下ろされた初めての解説書!

集めて面白い戦後の使用済を中心に!

 戦後の混乱の中から、最初の郵便ステーショナリー桜花5銭が発行されて以来、今日まで数多くのステーショナリーが発行されてきた。しかし、その使用例についての解説書は、刊行されていない。
 戦後ステーショナリーの使用済は、郵便の種別と料金のからみからくる、多様な加貼使用例が見られる。これらを織り混ぜた収集は、厚味のある面白いものになってくる。
 しかし、そのすべてを採録するのは難しい。その中で、集めて面白いのは戦後しばらくの発行だが、本書での採録範囲は分野によって異なり、筆者の判断で決めている。本書が刺激となって、戦後ステーショナリーに対する関心が集まれば幸いである。
(天野安治)

[収録分野とその内容]

■普通はがき:適正使用、値上げ差額加貼、同収納印付き、特殊取扱い、外信使用、少ない消印

■往復はがき:3つの基本型、返信部の少なさ

■記念・特殊はがき:適正使用、値上げ差額加貼、同収納印付き、特殊取扱い、外信使用

■切手付き封筒・レターシート:適正使用、値上げ差額加貼、特殊取扱い、外信使用、印面切り抜き

■小包はがき:適正使用、値上げ差額加重、同収納印付き

■外信用はがき・普通:適正使用、値上げ差額加貼、航空便・往復:往診部、往診部+返信部、稀少な返信部、航空便

■航空書簡:適正使用、値上げ差額加貼、値下げ加捺

■価格表記-通貨保険扱い-現金書留:制度、料金、封筒の変遷の組み合わせ

■書留封筒:書留料金との組み合わせ



                ▲本文ページより

*部数限定印刷のため、刊行後の入手は困難が予想されます。
お早めにお申込みください。

<ご案内>

 こちらの書籍は、日本郵趣協会でのお取扱いとなります。
 在庫の確認、ご注文につきましては、お問合せフォームをご利用ください



公益財団法人日本郵趣協会サイトへ Copyright (c) 2012 Japan Philatelic Society,Foundation All rights reserved.
掲載されている全ての内容・画像について許可なく複製・転載することを禁じます。