Home>協会TOP>ご寄附・サポート>使用済み切手&書き損じはがきの募集
ご寄附について
使用済み切手書き損じはがきの募集
    ―手紙を書こう!プロジェクトにご協力ください―

使用済み切手
 皆さまのご支援、ご協力により、毎日多くの使用済み切手、書き損じはがきが集まってきています。
 ご協力、本当にありがとうございます。

 使用済み切手、書き損じはがきの収集は、「ちりも積もれば山となる」のことわざのように、地道な活動です。
 皆さまからお送りいただいた使用済み切手、書き損じはがきは、「手紙を書こう!プロジェクト」の事業のために役立てられます。
使用済み切手●使用済み切手の募集

切手の切り取り方法と分類方法
1. 切手は消印を切り取らないで、右図のように切手と消印を合わせて切り取ってください。
(何枚かまとめて貼ってある切手は、まとめて切り取ってください)
2. 日本の切手と外国の切手に分類してください。
3. 切手は重量で引き取られるため、切手の枚数は数える必要はありません。
(できれば200g以上集まってから、お送りください)


あなたの使用済み切手が「ご寄附」に変わるまで
1. ボランティアの皆さまにより、使用済み切手が収集されます。(日本の切手、外国の切手)
2. 当財団に送られた使用済み切手は、ボランティアによってキロボックスという単位に分類されます。
3. 日本や海外の切手イベントにおいて、世界各国の切手収集家が購入します。
4. 換金された代金は、全額が「手紙を書こう!プロジェクト」の事業に充当されます。


使用済み切手の送付先・お問い合わせ先はこちら
便利な使用済み切手の収集ボックスはこちら
▲ページトップへ
使用済み切手書き損じはがきの募集
  ―手紙を書こう!プロジェクトにご協力ください―

書き損じはがき
●書き損じはがき、未使用はがきの募集

どんなはがきが送れますか
書き損じのはがきでしたら、何でも構いません
古い年賀はがき、古い暑中見舞いはがき(かもめーる)でも構いません
額面が50円以下の古いはがきでも構いません

あなたのはがきが「ご寄附」に変わるまで
1. ボランティアの皆さまにより、書き損じはがきが収集されます。
2. 当財団に送られた書き損じはがきは、郵便局で手数料5円を引かれ切手と交換します。
3. 交換した切手は、専門ショップで換金します。
4. 換金された代金は、全額が「手紙を書こう!プロジェクト」の事業に充当されます。

 〒171-0031 豊島区目白1−4−23 切手の博物館4階
  公益財団法人日本郵趣協会 切手・はがきボランティア係
  電話:03−5951−3311(代)  FAX:03−5951−3315
  受付時間/10:00〜18:00 (日・月・祝日除く) Eメール:info@yushu.or.jp

お願い
 ・ご協力をいただいた方にはお礼状をお送りしていますが、ご不要な方は「礼状不要」とお伝えください。
 ・お送りいただく際の送料は、ご負担をお願いします。
便利な使用済み切手の収集ボックス
使用済み切手ボックス
使用済み切手ボックス
簡易組立式 収集ボックス(283KB) ティッシュ箱用 収集ボックス(212KB)
入れてそのままポストに投函できます!
(切手はお貼り下さい)
切って貼るだけで、ティッシュ箱も
「使用済み切手収集ボックス」に早変わり
家族みんなで、楽しく集めましょう!
ご自由にダウンロードして、ご利用ください。
(ご注意)作成にあたっては、はさみを利用しますので、
お子様は保護者の方の立ち会いのもとで行ってください。

PDFをみることができない方は、こちらからダウンロードできます。

▲ページトップへ
個人情報の取扱いについて Copyright (c) Japan Philatelic Society,Foundation All rights reserved.
掲載されている全ての内容・画像について許可なく複製・転載することを禁じます。