HOME>私の切手アルバム         
 切手を整理・保存する方法には、ストックブックに入れておく一時的な保存とアルバムに貼り込んで収納していく手法があります。
 アルバムに整理するために、切手を図案別やテーマ別に分類して、自分の思う形で切手専用のリーフにまとめていきます。このようにして、自分なりの素敵な切手コレクションができ上がります。
 「私の切手アルバム」では、バラエティに富んだ切手コレクションの数々をホームページでお楽しみいただけます。
【作品について】
(1)ご紹介する作品は、PDFファイルでご覧いただけます。
   切手または作品名をクリックしますと、別ウィンドウにてPDFファイルが開きます。
(2)毎月、月初に新しい作品をご紹介していきます。
(3)作品の掲載期間は1年間で、古い作品から順に削除していきます。

紹介作品の著作権は、出品者にあります。これらの作品の一部や全部を複写して販売または配布することは、出品者に許可を得ない場合には、著作権法に抵触しますのでご注意ください。

AcrobatReaderの無料ダウンロードはこちらから


掲載月 作品名/出品者/作品解説
▼2024年
2月 好きやねん!大阪  (11.1MB)/安井 康二

大阪に関するテーマの中で、特に「大阪の観光案内」、つまり大阪(府)の新しい観光地の発見や、古い名所・旧跡の再発見をしていただければ幸いです。

1月 ハプスブルク王朝とオーストリアの近代史  (48.6MB)/山形 宏之

「中世最後の騎士」神聖ローマ帝国皇帝マクシミリアン1世、太陽の沈まない帝国を築いた皇帝カール 5世とスペイン王フェリべ2世の父子、女帝マリアテレジア、「最後の皇帝」フランツ・ヨーゼフ1世 に代表されるハプスブルク王朝の興隆、共和国としての再出発、ドイツによる併合、第二次大戦、戦後の歩みを概観します。

▼2023年
12月 懐かしい15の童謡・唱歌  (9.42MB)/今井 節子

日本の古き良き歌が教科書から消えたことは残念です。それは、歌詞もメロディーも今の時代に合わなくなったとのことです。懐かしい童謡、文部省唱歌を、歌詞に合った風景を切手で表現しました。

11月 誇り高きウクライナの反戦切手  (14MB)/佐々木 耕

2022年2月以降のロシアによるウクライナ侵攻に対して決して屈服することなく反戦キャンペーンを兼ねて次々と関連切手を発行してきています。その粘り強く抗戦する誇り高きウクライナの反戦切手を紹介します。

10月 グリコの時代〜販促グッズとしての切手  (16.4MB)/田中 敏彦

半世紀前の切手ブームでは、グリコをはじめ様々な飲食物の景品として世界各国の切手が使われました。さらには銀行・医薬・家電・自動車などの企業も販促に利用。当時の切手グッズ類と共に、近年の例も紹介します。

9月 札幌農学校  (16.7MB) /犬飼 英明

明治9年、北海道開拓の人材育成を期して開校した札幌農学校の歴史は、150年近い年月を経て、北海道大学に受け継がれています。この作品では、農学校時代の絵葉書や関係者のエンタイアを中心に、その変遷の歴史を紹介します。
[本コレクションの拡張版が、2023年10月7日(土)・8日(日)に目白・切手の博物館で開催される「北大郵趣会創立50周年記念切手展」で展示されます]

8月 ウクライナに平和を!  (14.3MB) /伊藤 裕介

2022年2月24日、ロシアがウクライナ侵攻を開始。ウクライナは徹底抗戦の意思を示す反ロシア切手、世界各国からは同国を支援する切手が発行されました。この作品はウクライナの平和を祈り、まとめました。

7月 絵本の世界シリーズ  (12.7MB) /津田 珠美

「こんなに素敵な『絵本の世界の切手』があるんだよ。」と紹介したくて作成した。素敵な切手の存在が、子育て中の保護者の「ほっと一息」に繋がったり、家族の会話で話題に上がったりすると嬉しい。
切手は幸せを運ぶ。

6月 多種多様な素材の切手  (9.84MB) /立川 賢一

郵便切手に通常使用される素材は紙ですが、異なる素材で作られた切手もあります。郵趣拡大や促進の効果等を期待して話題となる切手が作られるのでしょうか。この展示では、「変わり種切手」とも呼ばれている多種多様な素材で作られた切手を集めました。

5月 With コロナの時代-2020年2月〜2022/3行動の記録-  (29.7MB) /江村 清

「withコロナ」は、新型コロナウイルスが(少なくとも短期的には)撲滅困難であることを前提とした新たな戦略や生活様式のこと。その中で私自身も感染防止に努めて日々、「3密回避と健康維持」の行動をしており、その2年間の行動を紹介します。

4月 近現代に残るニホンオオカミの痕跡  (12.2MB)/関 好男

ニホンオオカミは明治38年奈良県東吉野村での捕獲を最後に、以来発見されておらず、絶滅した。しかし、その痕跡は、今も各地・各処に残っている。日本狼の痕跡を、主に郵便関係の中から捜し出して展示する。

3月 ポストクロッシングで楽しむ郵便  (7.16MB)/亀城 雅子

世界各国の見知らぬ相手にポストカードを送りあうポストクロッシングでは、やりとりの楽しみに加え、現代の郵便事情がリアルに体感できます。10年以上参加した経験から、印象深い各国の郵便をまとめました。

▲ページの先頭に戻る
お問合せはこちらから>> Copyright (c) Japan Philatelic Society,Foundation All rights reserved.
掲載されている全ての内容・画像について許可なく複製・転載することを禁じます。