本文へスキップ
研究発表会(ミニペックス)のご案内

研究発表会(ミニペックス)とは?

 研究発表会(ミニペックス)とは、切手の博物館(東京・目白)で年に20回程度開催しています専門分野およびテーマ別の展覧会です。
 各専門分野に精通した日本郵趣協会の研究会のほか、グループ、個人の方々が、研究成果やとっておきの切手コレクションを展示します。会場の担当スタッフは、みなさん切手の専門家ばかりですから、わからないことがあればお気軽にお尋ねください。

どこでいつ開催?

 研究発表会(ミニペックス)は週末を中心に、切手の博物館3階スペース1・2にて開催しています。開催時間は、10:30〜17:00です。

2018年度開催日程(日本郵趣協会研究会主催分)が決定しました!

 2018年度(2018年4月〜2019年3月)の日本郵趣協会研究会主催の研究発表会日程が決定しました。気になるジャンルがありましたら、ぜひ、お気軽にご参観ください。
2018年度開催スケジュール

2018年度開催申込みを受付中です!

 まだ開催できる日程がありますので、ただいま2018年度の開催申込みを受付中です。申込期間は2018年1月19日(金)で締切りとなります。開催をご希望の皆さまは、Eメール、またはFAXにてお申し込みください。「募集要項」と「開催申込書」は、ダウンロードしてご利用になれます。
募集要項   ■開催申込書: PDF版 Word2010版
【研究発表会に関するお問合せ】 
公益財団法人日本郵趣協会「展覧会」係(担当:原口、寺尾)
TEL:03-5951-3311 FAX:03-59551-3315 Eメール:info@yushu.or.jp