本文へスキップ
過去の研究発表会(ミニペックス)
  
 2018年

第13回中国郵票展 

会期:2018年1月27日(土)〜1月28日(日) 10:30〜17:00
主催:公益財団法人日本郵趣協会 福井和雄理事長

主な展示作品
「中華民国 抗戦時期分区加蓋票(暫作3分、暫作7分、改作1分、改作40分など)」、「中華人民共和国 紀念特殊切手の初版と再版」、「中華民国(台湾)航空郵簡」、「中華人民共和国 紀念特殊切手の実逓使用済1949〜66(図入りアルバムによる展示)」、「台湾の普通郵票 その2(台湾 2017年発行の郵票・明信片『様張』」など。

●1月27日(土)・1月28日(日)の2日間、小型印を使用予定。
上記2日間のみ使用される貴重な消印です。会場内の臨時出張所で、押印してもらえます。

菊・田沢MINIPEX2018

会期:2018年1月19日(金)〜1月21日(日) 10:30〜17:00
主催:公益財団法人日本郵趣協会 菊・田沢切手研究会

主な展示作品
「菊切手」、「菊5銭「支那」加刷」、「旧版田沢切手」、「震災2銭切手」、「昭和22年4月1日の料金改訂とステーショナリー」など。
その他、郵趣カンファレンス(田沢切手の実用版と第二次原版、定常変種に関する最新の研究成果報告を予定)、会員の重品の即売を実施予定。

【郵趣カンファレンス】
日時:1月20日(土) 15:00〜16:00
会場:切手の博物館3階会議室B
テーマ:「田沢切手の第二次原版と実用版に関する最新情報」
スピーカー:山口充氏(菊・田沢切手研究会代表)
参加費:JPS会員は300円(受付時に会員証をご提示ください)、非会員500円
参加申込:会場入口受付にて直接、参加費をお支払いください。その際にレジュメをお渡しします。(先着順・最大40名)

※小型印の使用はありません

パソコン郵趣切手展2018

会期:2018年1月13日(土)〜1月14日(日) 10:30〜17:00
主催:公益財団法人日本郵趣協会 パソコン郵趣研究会

主な展示作品
「夫婦で楽しむ郵趣ライフ」、「長野オリンピック・パラリンピック」、「近・現代スペインの特異な政治変遷」、「ポストマン」、「空のパイオニア」、「鴛鴦(オシドリ)」、「日本絵画史の変遷」などを予定。
その他、研究会報の紹介展示、会場限定で記念カバーを販売、会員による分譲品販売、展示作品収録CD の予約受付を予定。

●1月13日(土)・1月14日(日)の2日間、小型印を使用予定。
上記2日間のみ使用される貴重な消印です。会場内の臨時出張所で、押印してもらえます。
2018年
2017年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年