本文へスキップ
過去の研究発表会(ミニペックス)
  
 2012年


南方占領地切手展
  会期:2012年11月21日(水)〜11月23日(金・祝) 10:30〜17:00
主催:公益財団法人日本郵趣協会 南方占領地切手例会

主な展示作品:
「マラヤの郵便史」、「フィリピン日本占領切手」、「蘭印における軍事絵はがき」、「ビルマ郵便切手」、「蘭印占領地」など。
その他、展示作品解説を適宜実施、重品の販売を予定。

南方占領地切手が占領地において発行70年目にあたり、日本軍政部が各地で発行した切手等を紹介。

※記念小型印の使用はありません。


第9回震災切手と震災郵趣展
  会期:2012年11月16日(金)〜11月18日(日) 10:30〜17:00
主催:震災切手研究会

主な展示作品:
「震災切手・はがき・印紙の概要」、「震災2銭切手の研究」、「震災切手 東京印刷」など、関東大震災の郵便に与えた影響や復興の経過などを郵趣品を通して紹介する。

その他、展示に関するQ&A、解説トークを適宜実施。また、参考文献を会場限定販売。

※記念小型印の使用はありません。


JPS音楽切手部会20周年記念音楽切手展
 -ドビュッシー生誕150年-
  会期:2012年10月27日(土)〜10月28日(日) 10:30〜17:00
主催:公益財団法人日本郵趣協会 音楽切手部会

主な展示作品:
「ドビュッシー、音楽と美術と文学と」、「ドビュッシー物語り(自筆サインを含む)」、「ドイツの3大B」、「記念カバーで辿るミニペックスの歩み」など。

その他、記念フレーム切手(50円額面・80円額面、図案はドビュッシーの肖像画)、記念カバー、記念マキシマムカードを製作・販売予定、展示作品解説の実施(会期中随時)。

※10月27日(土)・10月28日(日)の2日間、小型印を使用予定。
 上記2日間のみ使用される貴重な消印です。会場内の臨時出張所で、押印してもらえます。


鉄道記念日記念鉄道切手展 Railpex2012
  会期:2012年10月10日(水)〜10月14日(日) 10:30〜17:00
主催:公益財団法人日本郵趣協会 鉄道切手部会

主な展示作品:
部会合同作品「東京駅」、「東京駅の歩み」、「世界の鉄道駅」「ヨーロッパの流線型蒸気機関車」、「Locomotive」など40フレームを展示。

今回のRailpex2012は、東京駅の改築工事が完了するのに合わせて、東京駅に関連するコレクションを中心に展示します。

※10月13日(土)・10月14日(日)の2日間、小型印を使用予定。
 上記2日間のみ使用される貴重な消印です。会場内の臨時出張所で、押印してもらえます。


JPS航空部会展2012 ‐航空機による郵便輸送100年
  会期:2012年9月28日(金)〜9月30日(日) 10:30〜17:00
主催:公益財団法人日本郵趣協会 航空部会

主な展示作品:
「航空機による日本の郵便輸送100年−アットウオーター飛行を起点に」、「航空郵便の始まり−アットウオータ関連の絵葉書」、「日本の郵便を運んだ航空機の100年」、「オムニバス戦前期日本の航空郵便」、「芦ノ湖航空」、「British airmail」、「北太西洋横断飛行」など21作品、43フレームを予定。
その他、特別企画として「航研機」の設計や旅客機YS-11の基本構想にも参加されるなど日本有数の航空機設計者である木村秀政先生が秘蔵されていた航空切手コレクションから5フレームを展示予定。また、部会員の活動成果に基づく出版物等も展示。

アメリカ人飛行家であるアットウオーターがカーチス水上飛行機で東京〜横浜間を公開飛行し、初めて郵便物を運んだのが1912年でした。それを記念して部会展を開催します。

※9月28日(金)・9月29日(土)の2日間、小型印を使用予定。
 上記2日間のみ使用される貴重な消印です。会場内の臨時出張所で、押印してもらえます。


三鷹支部/方寸会合同切手展
  会期:2012年7月13日(金)〜7月15日(日) 10:30〜17:00
主催:日本郵趣協会三鷹支部/方寸会

主な展示作品:
「村送および村送切手の歴史」、「多摩の切手」、「外国宛郵便に押された和欧文印(第1期)」、「災害用の車」など。
その他、日本切手未使用額面等の分譲ブースを開設予定。

創立20周年を迎えた三鷹支部と毎年切手展を開催している方寸会による合同切手展。
参観者に郵趣の奥深さ、面白さを充分に味わっていただけるバラエティに富んだ作品を展示。

※7月13日(金)・7月14日(土)の2日間、小型印を使用予定。
 上記2日間のみ使用される貴重な消印です。会場内の臨時出張所で、押印してもらえます。


アメリカ切手展2012 america’12‐桜寄贈100年‐
  会期:2012年6月27日(水)〜7月1日(日) 10:30〜17:00
  [6月27日(水)は13:00〜17:00]
主催:公益財団法人日本郵趣協会 アメリカ切手部会

主な展示作品:
特別展示は、「桜寄贈100年」、「クリスマス切手発行50年」。
毎年恒例の最近のアメリカ普通・記念切手の紹介、部会員の作品展示。
その他、アメリカ手動機械押印機の実演などを実施します。来場者へ使用済アメリカ切手をプレゼント予定。さらに、会場で記念カバー、記念外信はがきなどを販売予定。

※6月29日(金)・6月30日(土)の2日間、小型印を使用予定。
 上記2日間のみ使用される貴重な消印です。会場内の臨時出張所で、押印してもらえます。


登録審査員による切手展2012
  会期:2012年6月23日(土)〜6月24日(日) 10:30〜17:00
主催:公益財団法人日本郵趣協会 エキスパート委員会

主な展示作品:
JPS登録審査員が、各専門分野のコレクションを出品します。伝統郵趣、郵便史、ステーショナリー、テーマティクなど各分野の作品をお楽しみください。
「和紙紅4銭」(高野昇郎)、「震災1銭5厘切手,タイプU‐Y」(魚木五夫)、「震災切手10銭タイプT」(山口充)、「満州地区で使用された『支那加刷切手』」(稲葉良一)、、「私の中国切手アルバムから」(福井和雄)、「Hawaii Bank Note Issue」(山田廉一)、「小包はがき」(石川勝己)、「日本ポスタルステーショナリー1898‐1908」(古家美和)、「印象派時代館〜フランス絵画史を辿る〜」(江村清)。
*タイトルは変更になる場合があります。
出品コンサルティング:
11月の<JAPEX2012>に出品を予定されている皆さまから個別にご相談をお受けする、「出品コンサルティング」(無料)を随時行います。
出品コンサルティングをご希望の方は、リーフ、マテリアル、作品のコピー等をご持参いただきますと、より具体的なアドバイスを受けることができます。
なお事前予約制ですので、必ず協会事務局(電話:03-5951-3311)までご予約ください。
即売コーナー:
登録審査員が重品を提供し、リーフ単位で即売します。毎回審査員ならではの逸品が数多く提供され、好評を博しています。お買い得の逸品をじっくりとお探しください。 

※小型印の使用はありません。



第10回天野安治・魚木五夫郵趣展
会期:2012年6月15日(金)〜6月17日(日) 10:30〜17:00
主催:天野安治氏・魚木五夫氏

主な展示作品:
「連合はがきの使用例」、「現物で説明する郵趣用語」、「世界の切手発行国」など。
その他、出品物の内容解説を目的とした私家版の郵趣文献を会場限定販売予定。また、適宜、作品解説トークを実施します。

※小型印の使用はありません。



第27回昆虫切手展
会期:2012年6月8日(金)〜6月10日(日) 10:30〜17:00
主催:公益財団法人日本郵趣協会 昆虫切手部会

主な展示作品:
「JPS昆虫切手部会が選んだ昆虫切手ベスト50」、「シボリアゲハ」、「日本のアゲハチョウ」、「蝶が舞う空想美術館」、「さとやまの昆虫たち」など
その他、記念カバーの販売を予定。

記念小型印デザインは、「ブータンシボリアゲハ」。
※6月8日(金)・6月9日(土)の2日間、小型印を使用予定。

 上記2日間のみ使用される貴重な消印です。会場内の臨時出張所で、押印してもらえます。

2012年5月11日(金)〜5月13日(日)
第10回絵画切手部会展
公益財団法人日本郵趣協会 絵画切手部会

主な展示作品:「イタリー絵画史・聖母像」、「美人画MCアラカルト」、「印象派時代館」、「京都画壇の系譜」、「小さな富士山‐郵趣品に描かれた富士‐」など。
その他、記念カバー、展示作品収録CDの販売、出品者による作品解説(13日午後)などを予定。


※5月11日(金)・12日(土)の2日間、小型印を使用予定。
※上記2日間のみ使用される貴重な消印です。
 会場内の臨時出張所で押印してもらえますよ。


2012年4月14日(土)〜4月15日(日)
2012イギリス切手部会切手展
公益財団法人日本郵趣協会 イギリス切手部会

今年はエリザベス2世在位60年(ダイヤモンドジュビリー)の年に当たり、これを記念してエリザベス女王関連切手を主題として展示。

主な展示作品:「ワイルディングシリーズ」、「戴冠式記念」、「即位60年記念」など。 その他、会場で記念カバーを販売予定。 ※会期中全日、小型印を使用予定。



※会期中全日、小型印を使用予定。
※上記2日間のみ使用される貴重な消印です。
 会場内の臨時出張所で押印してもらえますよ。


2012年3月30(金)〜4月1日(日)
第15回ドイツ切手部会切手展
公益財団法人日本郵趣協会 ドイツ切手部会

主な展示:部会共同作品「ドイツ切手の脊梁をみる」、「バイエルン数字図案切手1849-1862」、「ゲルマニアとマルク額面(仮称)」、「ドイツの歩み1871〜2002」、「復活祭の絵葉書」、「ドイツの世界遺産」などを予定。
その他、記念カバーを会場限定で販売予定。展示作品解説を随時実施予定。



※会期中、3月30日、31日の2日間、小型印を使用予定
※上記2日間のみ使用される貴重な消印です。
 会場内の臨時出張所で押印してもらえますよ。


3月23日(金)〜3月25日(日)
第3回世界の郵趣展
クラシックフィラテリー研究会

主な展示:本誌2月号で紹介した「タイプライターに関連した切手や各種カバー」、「世界最初の切手」、「現物で見る世界の郵趣用語」、「北欧各国の切手」などのほか、郵趣サービス社頒布会で人気のある「世界の名品切手」なども展示予定。
その他、展示品に関連のある私家版郵趣文献等も会場限定で販売。作品解説トークも随時実施予定。


※小型印の使用はありません。


3月16(金)〜3月18日(日)
第4回聴覚障害者切手クラブ切手展
公益財団法人日本郵趣協会 聴覚障害者切手クラブ

聴覚障害者切手クラブの活動成果である作品を展示することで、参観者の方々に聴覚障害への啓発を行います。

主な展示:合同作品「ろうあ界の灯」、「聴覚障害者」、「ドイツインフレ」、「珍品切手」、「絵葉書」などを予定。
その他、50音指文字シール、特別シール、会員による重品などの販売を予定。


※会期中、16日、17日の2日間、小型印を使用予定

※上記2日間のみ使用される貴重な消印です。
 会場内の臨時出張所で押印してもらえますよ。


2月24日(金)〜2月26日(日)
パソコン郵趣部会展'12
公益財団法人日本郵趣協会 パソコン郵趣部会

主な展示:「小型印デザイン100作を振り返って」、「ジャズ!この素晴らしきもの」、「ゴルフを究める」、「辰年の年賀状」、「ジュゴンとマナティの生き残る道」、「日本の歌−日本のこころ−」などを予定。

その他、記念カバー、展示作品収録CDを会場限定で販売予定。


※会期中、24日、25日の2日間、小型印を使用予定。

※会期中のみ使用される貴重な消印です。
 会場内の臨時出張所で押印してもらえますよ。


2月17日(金)〜2月19日(日)
第3回世界の植物切手展
公益財団法人日本郵趣協会 植物切手部会

主な展示作品:部会企画作品「世界の植物切手の変遷」、「植物の来た道」をはじめ、「園芸の歴史」(<JAPEX’11>小倉賞受賞作品)、「バラの生誕」、「アイリス‐虹の女神」、「身近な果物」、「コーヒーの栽培」、「珍草・奇木」、「象徴としての樹木」、「植物のメータースタンプ」など20テーマを予定。

その他、記念カバーの販売、記念FDCや世界の植物関連FDCの販売、展示作品の解説(随時)、植物切手文献案内などを予定。 ※。


※会期中、17日、18日の2日間、小型印を使用予定

※上記2日間のみ使用される貴重な消印です。
 会場内の臨時出張所で押印してもらえますよ。


2012年1月21日(土)〜22日(日)
第7回中国郵票展
福井 和雄

主な展示:「中華民国帆船票」、「中華人民共和国の普通切手 1949−1970」、「中華民国郵政(台湾) 1949−1955」、「台湾2010年発行の郵票・明信片『樣張』」、「中華人民共和国の切手(図入りアルバム) 1970―現在」などを予定。


※会場で使用される小型印(予定)

※会期中のみ使用される貴重な消印です。
 会場内の臨時出張所で押印してもらえますよ。


2012年1月13日(金)〜15日(日)
第3回テーマティク出品者の会切手展
テーマティク出品者の会

主な展示作品:「潜水(ダイビング)の世界」、「漫画と車」、「宇宙活動のあゆみ」、「ドラクロアの芸術と人生」、および<JAPEX'11>小倉謙賞受賞作品「園芸の歴史」、<日本国際切手展2011>テーマティク部門上位入賞者作品を展示。
その他、記念フレーム切手(図案は「潜水」)、記念カバー、記念マキシマムカードを制作・販売予定。また、展示作品解説の実施(会期中随時)。


※会期中13日、14日に小型印を使用予定。

※上記2日間のみ使用される貴重な消印です。
 会場内の臨時出張所で押印してもらえますよ。

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年