中島健蔵・
水原明窗記念賞
国際大賞
郵趣活動賞
郵趣文献賞
小倉謙賞
住野正顕賞
登録支部・団体
50周年特別表彰
中島健蔵・水原明窗記念賞

中島健蔵・水原明窗記念賞

1.趣 旨
 日本及び世界各国の郵便切手類の歴史及び郵便制度の研究(以下「郵趣」という)に関して、その普及啓発並びに調査研究に長期にわたる貢献が特に著しいと認められる個人を表彰し、郵便切手文化の発展と水準向上を図るため、中島健蔵・水原明窗記念賞を授与する。
 本賞は、日本郵趣協会元会長・故中島健蔵氏及び日本郵趣協会の創立者である故水原明窗氏の功績をたたえ、これを永久に記念するため、中島健蔵・水原明窗記念賞と称する。

2.表彰の方法
(1) 表彰は、賞状及び副賞を授与して行う。
(2) 授賞式は毎年1回、本賞を授与する記念式典において行う。授賞者は記念講演又は記念展覧会を開催し、その研究成果を広く一般に公開する。
(3) 選考結果は、『郵趣』誌上及び公益財団法人日本郵趣協会(以下「当協会という」)ホームページにおいて発表する。
(4) 授賞者名とその業績について中島健蔵・水原明窗記念賞受賞者名簿に記録としてとどめ、これを保存する。

3.選考委員会
 本賞授賞者及び当協会理事若干名により構成される選考委員で、中島健蔵・水原明窗記念賞選考委員会を構成する。

4.選考基準
 長期にわたる郵趣活動を対象とし、次の選考基準をできるだけ多く満たした個人を選考する。
(1) 普及啓発事業
郵趣を広く社会一般に普及啓発することに努め、功績顕著と認められること
(2) 展覧会事業
国際規模の展覧会へコレクション出品を通して、研究成果を広く社会一般に還元することに功績顕著と認められること
(3) 学術調査研究事業
出版物、研究発表会及び文化シンポジウムを通して、研究成果を広く社会一般に還元することに功績顕著と認められること
(4) 地域支援・人材育成事業
地域における展覧会の開催、人材育成及び文化ボランティア活動に功績顕著と認められること

附 則
 この要項は、2011年6月4日から施行する。(2011年6月4日、第2回理事会議決)

【中島健蔵・水原明窗記念賞選考委員会名簿】(敬称略、50音順)
稲葉良一、魚木五夫、大沼幸雄、長田伊玖雄、落合宙一、桑野博、高野昇郎、
土屋理義、福井和雄、松本純一、村岡安廣
▲ページトップへ
 直近の受賞者(敬称略)
第38回(2017年度) 佐々木 義郎 (ささき・よしろう)


● 授賞式及び記念講演会(未定)
 

 過去の受賞者(敬称略)
第1回(1980年度) 今井  修、小倉  謙 第2回(1981年度)  水原 明窗
第3回(1982年度)  坂  輔男 第4回(1983年度)  該当者なし
第5回(1984年度)  立川 憲吉 第6回(1985年度)  該当者なし
第7回(1986年度)  園山 精助 第8回(1987年度)  中川 長一
第9回(1988年度)  小泉達之助 第10回(1989年度)  西野 茂雄
第11回(1990年度)  該当者なし 第12回(1991年度)  島津安樹朗
第13回(1992年度)  天野 安治 第14回(1993年度)  該当者なし
第15回(1994年度)  魚木 五夫 第16回(1995年度)  成田  弘
第17回(1996年度)  佐々 成美 第18回(1997年度)  該当者なし
第19回(1998年度)  渡辺 勝正 第20回(1999年度)  該当者なし
第21回(2000年度)  松本 純一 第22回(2001年度)  該当者なし
第23回(2002年度)  阿部 達也 第24回(2003年度)  山本  昂
第25回(2004年度)  福井 和雄 第26回(2005年度)  大谷 博
第27回(2006年度)  大島正昭、下邑政弥 第28回(2007年度)  桑野 博
第29回(2008年度)  稲葉良一 第30回(2009年度) 該当者なし
第31回(2010年度) 土屋理義 第32回(2011年度) 植村 峻
第33回(2012年度) 高野 昇郎 第34回(2013年度) 大沼 幸雄
第35回(2014年度) 高橋 宣雄 第36回(2015年度) 長田 伊玖雄
第37回(2016年度) 村岡 安廣

▲ページトップへ
個人情報の取扱いについて Copyright (c) Japan Philatelic Society,Foundation All rights reserved.
掲載されている全ての内容・画像について許可なく複製・転載することを禁じます。