中島健蔵・
水原明窗記念賞
国際大賞
郵趣活動賞
郵趣文献賞
小倉謙賞
住野正顕賞
登録支部・団体
50周年特別表彰
住野正顕賞

住野正顕賞

1.趣 旨
 外国の郵便切手類の歴史及び郵便制度の研究(以下「郵趣」という)に関し、コレクションを通してその研究成果を広く一般社会に還元することに貢献した個人を表彰し、郵便切手文化の発展と水準向上を図るため、住野正顕賞を授与する。
 本賞は、空前規模の外国切手ゼネラル・コレクションを築くとともに、その該博な知識を生かして優れた研究発表を行い、顕著な功績を残された故住野正顕氏(元住野工業株式会社代表取締役社長)を記念するため、住野正顕賞と称する。

2.表彰の方法
(1) 表彰は、賞状及びメダルを授与して行う。
(2) 授賞式は毎年1回、全国切手展の表彰式において行う。
(3) 選考結果は、『郵趣』誌上及び公益財団法人日本郵趣協会(以下「当協会という」)ホームページにおいて発表する。
(4) 授賞作品は、その記録を印刷物としてまとめ保存するとともに、研究成果を広く一般に還元する。

3.選考委員会
 当該年度の全国切手展<JAPEX>審査員会の審査員で選考委員会を構成する。

4.選考基準
 当協会の主催する全国切手展<JAPEX>の外国切手部門に出品された作品を対象とし、次の選考基準を満たした1作品を選考する。ただし、該当作品のない場合もありうる。
(1) 優秀性
主題の選定、構成と展開、展示技術などの面において優れた特色を有すると認められること
(2) 研究内容
出品者による独創的研究であるとともに、郵趣の発展に貢献するような作品であること
(3) 将来性
研究業績の質と広がり、継続性及び将来性が期待される作品であること

附 則
 この要項は、2011年6月4日から施行する。(2011年6月4日、第2回理事会議決)

▲ページトップへ
 直近の受賞者(敬称略)
第31回(2016年度) 該当作品なし

 過去の受賞者(敬称略)
第1回(1986年度) 「スイス普通切手1907〜1933」 宮本俊雄
第2回(1987年度) 「米国 20世紀の記念切手」 伊藤隆之
第3回(1988年度) 「タスマニア初期無目打」 佐藤浩一
第4回(1989年度) 「イタリアンステーツ ナポリ」 川井清敏
第5回(1990年度) 「ワシントンフランクリン・ヘッドイシュー」 山田幹夫
第6回(1991年度) 「米国の記念切手、1893-1901」 佐々木孝弘
第7回(1992年度) 「セレス1849-50」 別宮貞徳
第8回(1993年度) 該当作品なし
第9回(1994年度) 「スウェーデン郵便史1632-1875」 志垣雅文
第10回(1995年度) 「中信版孫文像切手」 久山 淳
第11回(1996年度) 「米国の航空切手」 安島 司
第12回(1997年度) 「チェコスロバキア プラハ城切手」 太田泰樹
第13回(1998年度) 「オーストリア 1850-61」 斎藤 環
第14回(1999年度) 「オーストラリア-「カンガルーと地図」図案の切手−」 長島裕信
第15回(2000年度) 「ポーランド 1939年まで」 山本 勉
第16回(2001年度) 「大西洋横断航空郵便史1919〜1945」 鳥海真一
第17回(2002年度) 「Great Britain「Sea horses」Series」  池原郁夫
第18回(2003年度) 「チェコスロバキア プラハ城切手1918〜1920」 高久健一
第19回(2004年度) 「スイス普通切手1882-1933」 小林莞爾
第20回(2005年度) 「ノルウェーの郵便ラッパ切手1883-1890」いわゆるlargedieとsmall dai  大杉勇文
第21回(2006年度) 「米国自動販売機及び自動貼付機用目打コイル切手」 奥山昭彦
第22回(2007年度) 「上海大東版」 川ア徹夫
第23回(2008年度) 「カナダ・アドミラル・イシュー1911-1925」 小林 彰
第24回(2009年度) 「フランス・種まき切手 1903-1938」 野村晃司
第25回(2010年度) 「Airmails carried by Graf Zeppelin」 立川賢一
第26回(2011年度) 「スウェーデン「Standing Lion」(1920〜34)」 岩松健一
第27回(2012年度) 「再独立リトアニア郵便史 1988‐1994」 荒木寛隆
第28回(2013年度) 「エストニア スカイライン図案切手 1920-1924」 板橋祐己
第29回(2014年度) 該当作品なし
第30回(2015年度) 「Napoléon non lauré FRANCE1852−1862」 有吉伸人

▲ページトップへ
個人情報の取扱いについて Copyright (c) Japan Philatelic Society,Foundation All rights reserved.
掲載されている全ての内容・画像について許可なく複製・転載することを禁じます。